pc
中古ドメインの業者をはじめました。
もしあなたが大手中古ドメイン販売サイトで中古ドメインを多く購入されているのであれば、
おチカラになれると思います。
私は今まで大手中古ドメイン販売サイトで300個ほどの中古ドメインを委託販売させていただいた経験があります。
続きは画像をクリック!!!

取得した中古ドメインを紹介6

今日も取得した中古ドメインを紹介します。

最近取得した中古ドメインはこちら↓(internet archiveから)
dd4
アラビア語のサイトになります。
中国語のサイトのサイトは中古ドメインとしての品質があまり高くないのは知られていることですが、
アラビア語のサイトも品質がよくないサイトが多くあります。

ですから、アラビア語のサイトを取得するときには注意する必要があります。

ただ、今回のサイトはmajesticを見る限りバックリンクに問題はないようですし、
このサイトのツイッターページもあるようなので、取得しました。

 

majesticseoでの評価は以下のとおり
d2

ahrefsでの評価は以下のとおり
ddd3
バックリンクドメイン数が280あって、
その内、68パーセントがdofollow。
dofollow比率が若干低い気がするけど、問題ないと考えています。

また、フェイスブックの『いいね』も214あります。
フェイスブックの『いいね』があることも中古ドメインを取得する上で重要な評価になります。

後、取得費用は1600円でした。

取得した中古ドメインを紹介5

最近更新していなかったので、最近取得した中古ドメインについて紹介したいと思います。

最近取得した中古ドメインはこちら↓(internet archiveから)
d2
簡単に説明すると、映画のニュースサイトっぽい。
映画サイトといっても映画がダウンロードできる違法サイトではありません。

 

majesticseoでの評価は以下のとおり

d1
キャプチャーソフトの影響で『TRUST FLOW』と『CITATION FLOW』が見れないけど、
それぞれ21と17です。

チャートを見てもらえばわかるとおり、かなり高品質の中古ドメインであることがうかがえます。
あと、govやeduからのリンクも少しあります。

ノーフォローなどは以下のとおり
d3

当然、フェイスブックの『いいね』もあります。
フェイスブックの『いいね』は「150」ほどありました。

以上になります。

大手中古ドメイン販売サイトだいとだいたい40000円くらいになると思います。

あと、今回から細かなリンク元の紹介はやめました。

 

ウェブクロウの中古サブドメインは取得できません

無料ブログやロリポップやさくらのレンタルサーバーには、
中古サブドメインがあることはよく知られています。

ウェブクロウのサブドメインはこれのことね↓
『***.webcrow.jp』

このことから、ウェブクロウの無料サブドメインもあるのではないかと考えた次第です。

探してみたのですが、どうやらウェブクロウは一度作成されたサブドメインは2度と使えないみたいですね。

根拠は、私が以前見つけてきたウェブクロウのサブドメインを登録しようとしたときにできなかったことと、
以下のQアンドAからです。
https://secure.netowl.jp/bbs/detail.cgi?td=1779

もしかしたら、忍者のように数ヶ月したら取得できるようになるかもしれませんが、
ウェブクロウのサブドメインは取得できないものと思っています。

また、ウェブクロウには、ワードプレス用のサブドメインの『.wpblog.jp』と言うものもありますが、
こちらは確認しておりません。

もしかしたら取得できるかもしれませんから、
取得できた方は報告お願いします。

あと、この記事は「あれ?この中古サブドメインって取得できたっけ?」
っていうのを避けるために書きました。

 

ドメインガールズガイドっていうブログがドメイナー的に面白い

最近偶然見つけたのですが、GMOの社員さん?が運営しているドメインブログが深すぎて面白いです。
ブログはこちらね→http://domain-girls.guide/

内容はSEO対策やサイト運営者向けというよりも、
ドメイナー(ドメイン投資家)向けっぽい印象を受けました。

面白いのがICANNがどうとか、新gTLDについてや、
pokemongoドメインがどうとか、おおよそサイト運営者向けとはいえない内容になっております。
.at(オーストリアの国別コードトップレベルドメイン)が1~2文字でも登録できるようになったとかドメイナーしか興味がないと思うのですが・・・

日本にはドメイナーは多くありませんからいろいろと謎です。

あと、紹介されているサイトが外国のサイトだったり、
最近の若い女の子はやばいなという印象です。

ただ、ドメイナーとしては、数少ない情報ブログですので、
ドメイナーの皆様はぜひブックマークに登録しておくとよいでしょう。

 

中古ドメインと日本語ドメイン、あげやすいのはどっち?

中古ドメインと日本語ドメインどちらをメインサイトにするか悩む方は多いと思います。
中古ドメインは元からリンクがあるから、上位表示できそうですし、
日本語ドメインはアドレスが検索キーワードと一致していますから、
こちらも上位表示できそうです。

先に結論を言うと、場合によるので、
どちらがよいかはいえません。

たとえば、中古ドメインと一言でいっても価値のあるものからそうではないものまでさまざまありますし、
日本語ドメインのほうも、検索キーワードと完全一致なのか部分一致なのかによって
変わってくると思います。

ではどうしたらよいのかと言いますと、
面倒ですが、実際にサイトを作ってみるというのが一番よいかもしれません。

ただそれだと記事としてはいまいちだと思いますので、
私の経験上どちらがよかったのか紹介したいと思います。

私が今まで日本語ドメインと中古ドメインを使ってきて、
どちらがよかったのかと言うと、ずばり、中古ドメインのほうが効果がありました。

さらに具体的にいうと、『りんごランキング』と言うキーワードですと、
りんごランキング.comと中古ドメイン販売屋さんで販売されている2000円~3000円くらいの中古ドメインだと、同じか若干中古ドメインのほうが強いといった感じです。

また、短期であげたい場合は中古ドメインのほうがあげやすいという特徴があったり、
日本語ドメインはgoogleの目視チェックで引っかかりにくい?という可能性から長期的に上位表示するのに向いているという特徴がありますから、
短期で収益を上げるのか長期で収益を上げるのかによっても変わってくると思います。

 

1 2 3 4 18