sedoで私が売ったドメインについて

私はsedoを1年くらい使っているのですけど、
その短い経験をちょっと紹介してみたいと思います。
私は1年くらいバックリンク目的で中古ドメインを取得してきたのですが、
せっかく取得したんだから、sedoでも販売してみようということで
sedoにも登録してみました。
今まで年間200ほど登録していますが、
そのうち買いたいといってきたのは年に4件ほどです。
価格は平均250ドルくらいでした。
売れたドメインは、ページランクが高いものでおそくバックリンク目的のものが2つで、
残り2つは何でこのドメインっていうものでした(おそらく前の取得者が買い戻したかったのでしょうか???)
sedoは、せっかく中古ドメインを取得しているのだから一応登録しておこうといった感覚でしたので、あまりオファーがなかったのかもしれません。
最近(半年くらい前)からは、プレミアムドメイン(cat.comなど)を取得し始めたので何か売れたらこのメルマガで報告します。

 

価値にある中古ドメインかどうかを知る方法

中古ドメインを見つけたけど、そのドメインが価値があるのかわからないっていうこと・・
初心者のころによくありますよね。
私もよくありました。
中古ドメインにどれくらいの価値があるのかを知りたかったら
中古ドメインを販売しているサイトを見ると、大体の相場がわかりますよ。
一番有名な中古ドメインの販売サイトとして「中古ドメイン販売屋さん」があります。
知っている人が大半だと思いますが、
ここにある中古ドメインを見ると、どれくらいのページランクやバックリンクのサイトがどれくらいの価値があるのか大体わかります。
ただ、注意したいのが、「中古ドメイン販売屋さん」には
中古ドメイン販売屋さんが販売しているものと
委託販売されているものがあります。
この内、委託販売されているものは、委託販売者が
査定価格のうち、価格を増額したり減額したりできるので
委託販売されているドメインを見るときは、実際の査定価格を見る必要があります
(言葉だと説明するのが難しいので実際に中古ドメイン販売屋さんのサイトを見てください)
もし、中古ドメインの大体の価格がわからないのでしたら
中古ドメイン販売屋さんの販売価格を見て、中古ドメインを見る「目」をやしなうのがいいと思います。

 

無料で取得できる中古ドメイン

実はあまり知られていませんが、無料で取得できる中古ドメインがあるのです。
それは何かと言いますと、無料ブログやホームページの中古ドメインをいいます。
これらの無料中古ドメインは当然ですが無料で取得できる上
更新料もかからないですし、日本語サイトが運営されていたドメインのため価値も高いです。
ただ、すべての無料ブログで中古ドメインが取得できるわけではないことに注意が必要です。
無料中古ドメインが取得できる中古ドメインは、
私の経験だと、忍者ブログと忍者ホームページとfc2ホームページ、
ヤプログがあります。このほかにもあるかもしれませんが、
私は主にこの内の忍者ブログと忍者ホームページとfc2ホームページから
無料中古ドメインを取得しています。
どんな無料中古ドメインが取得できるのかというと
何かのショップのサイトや漫画家やイラストレーターのサイトのほか、
会社のホームページや○○協会などの非常に価値のあるサイトなんかもあります。
(もちろんアフィサイトもありますが・・・)
ページランクは、0から4くらいまでありました。
では、どうやってそういった中古ドメインを取得したらいいのかということなんですけど、
残念ながらそれは教えられません。
もし私のメルマガに登録してくれたら、教えるかもしれませんが・・・
という宣伝です。

ドメインのスパムチェックにaguse.jpは不要かも???

ドメインのスパムチェックをするのにaguse.jpを利用しているという人も多いの
ではないでしょうか??
ここで言うスパムチェックというのはグーグルスパムのことを言うのではなくて、
コンピュータウイルスをばら撒いたり、偽サイトだったりするほうのスパムのことをいいます。

確かにドメインのスパムチェック方法としていろんなサイトに載っているんだけ
ど、私は利用していません。

というのも、chromeの拡張機能の「Open SEO Stats」にある
「McAfee SiteAdvisor」と「Norton Safe Web」というのでスパムチェックができ
るからです。
私個人の意見では「McAfee SiteAdvisor」と「Norton Safe Web」だけで十分だと
思います。

また、「McAfee SiteAdvisor」や「Norton Safe Web」でスパム判定が出ている中
古ドメインを間違って取得したことがあるのですが、
他の普通のドメインと同じく利用することができました(インデックスすること
ができました)
ただ、バックリンクにするというのはちょっと抵抗があるので
商品名キーワードで利用するというのがいいのかもしれません。

aguse.jpを使うかどうかはその人しだいですが、
自分は使っていません。

 

昔の利用者からドメインの返却を求められたことがあります

よく、中古ドメインを取得している人の間での心配事に
「昔の利用者からドメインの返却を求められる」ということを心配している人がいます。

結論から言いますと、心配する必要は余りありません。

私は今500前後の中古ドメインを保有していますが、
今まで前の利用者から返却を求められたものは1つしかありません。

どうやって返却を求められたのかというと、
丁寧にメールで「元ドメイン保有者ですけど、いくらで譲ってくれますか?」
みたいなメールを英語でいただきました。

もちろん、私は英語が読めないので、翻訳ソフトでがんばって翻訳しましたが、
何とかドメインを50ドルで返してあげることができました。

ちなみにドメインは.coで支払いはペイパルでした。

私の経験が1件のみで丁寧な方でしたので、参考にならないかもしれませんが
「昔の利用者からドメインの返却を求められる」ということが不安なら
それはそれほど心配ないよっていうことです。

 

1 16 17 18 19 20