リダイレクトされた中古ドメインに効果はない?に対する私の見解

中古ドメインの中には、
ほかのサイトにリダイレクトされているものがあります。

そして、人によっては、リダイレクトされた中古ドメインは効果がないという人も多いです。

リダイレクトドメインが効果があるのかないのかはgoogleにしかわかりませんが、
ここでは私なりのリダイレクトドメインの意見を書きたいと思います。

 

<私がリダイレクトドメインにも効果があるという理由>

リダイレクトドメインが効果がないといわれている原因にgoogleページランクがあると思います。

googleページランクが存在した(今も公開されていないだけでページランクは存在するといわれていますが・・・)時代、
ドメインをリダイレクトすることで、リダイレクト先のページランクを引き付けるということがたびたびありました。

例えば、自分の持っているドメインをページランク6のサイトにリダイレクトすることで、自分の持っているドメインがページランク6になるというわけです。
このようなサイトの特徴として、インターネットアーカイブで昔のサイトを確認すると、一切運用された経歴はなく、
リダイレクトのみという特徴があります。

このようなことがあったため、
リダイレクトされているドメインは(そのページランクほどの)効果がないといわれるようになった(と私は思っています)

ですので、たとえリダイレクトであっても、
新しいサイトができたからそのサイトにリダイレクトするといったリダイレクトであれば、中古ドメインとしての効果があると私は思っています。

 

<リンクパワーがリンク先に行くので効果がない>

リダイレクトされるとリンクパワーがリンク先に行くので効果がないという意見も多くあります。
リダイレクトには、301と302があり、
この内、301が恒久的な転送になりますが、
恒久的な転送だからと言って、恒久的にリンクの力が、
リダイレクト先のサイトに行くとは考えずらいということがあります。
また、googleは301・302を区別しないと公表しています。

そしてもし、恒久的にリンクの力がリダイレクト先に行くのであれば、
①中古ドメインを取得→リダイレクト
②中古ドメインを取得→リダイレクト
③中古ドメインを取得→リダイレクト
・・・

といったSEOテクニックがあってもよさそうですよね。

 

<一度でもリダイレクトされると無効化される?>

一度リダイレクトされますと、
それまでそのサイトについていたリンクが無効化されるというのでしたら、
あるのかもしれません。

ただ、自分のサイトを間違ってリダイレクトしてしまうことも多そうですし、それでリンクが無効化されて順位が下がってしまうのでしたら、
そういった記事がありそうなものです。

それに、一度でもリダイレクトされると、そのサイトについているリンクが無効化されるというのはあまり現実的ではない気がします。

 

<実際に使われている>

また、リダイレクトドメインは大手中古ドメインでも実際に売られているのが確認できます。

もちろん、リダイレクトについてはさまざま意見がありますが、
私の意見は上記のとおりです。

ちなみに、私自身リダイレクトされた中古ドメインを使うこともありますが、特に効果がないと感じたことはありません。

 

 

 

うれしいお便りをいただきました

私はメルマガですぐに取得できる中古ドメインを紹介しているのですが、
最近ありたいコメントをいただきましたので、
承諾の上、このブログで紹介したいと思います。

中古ドメイン鑑定士さん、こんばんは。

はじめまして。
いつもお名前ドットコムでドメインを取得させていただいているひがしと言います。

まずお礼をいいたいです。中古ドメイン鑑定士さんには非常に感謝しています。ありがとうございます。中古ドメインを探す作業をすると素人というのもあるのか時間がかかるので・・・また自分で選ぶより安心して買えるのでありがたいです。

今日のメルマガみたいに、「MOZ赤ですが、被リンクを見るとそれほど悪いようには思いませんでした。おそらく昔ながらのリンク集が多いことがスパムスコアを上げていると考えられます。」と専門的なことを書いていただいていると安心して買えます。

中古ドメイン鑑定士さんが「なんでバリュードメインオークションに出品している中古ドメインを落札する人がいないのかということです」
で困っていることを初めて知りました。

まだメルマガに登録してから、2、3か月しか経っていませんので、よくわかっていなかったのですが、オークションのものも売れているとばかり考えていました。

なぜそのように推測するかというと私がドメインを取得しようとするときにはすでにメルマガのドメインが取得されていることもけっこうあるので、他の方もけっこう買われていると思われるからです。

私自身はアフィリエイトでまだまったく稼げていないため、少し稼げるようになったらオークションも含めてお世話になっているのでバシバシ買うつもりでいます。

現在オークションで買えていなくてすいません!
頑張って少しずつ買います!

話が長くなってきましたが、バリュードメインオークションで買われない原因はほかにバリュドメインのポイントで落札する仕組みなっていることもあるかと思います。

ポイントに替えて中古ドメイン鑑定士さんのドメインを落札しようとしたときがあったのですが、ポイントに替える方法がいまいちわからずに断念したときがありました。
なので、ポイントに替える方法をメルマガかサイトに記載していただくと良いのかもしれません。わかっていないと手間に思うのかもしれません。

あとオークションのドメインの良いポイントを他のドメインと比べて訴求しないのかな?と疑問に思っていたので訴求してみてはいかがでしょうか。オークションで多めにお金を払う以上の価値があるという点など・・・

まだアフェリエイトで成果が出ていないものが提案をするのは失礼かと思いましたが、中古ドメイン鑑定士さんには感謝しているため少しでも役に立てれば嬉しく思います。

長々と失礼しました。

今後ともよろしくお願いいたします。

文字数をはかってみたのですが、
ざっと1000文字くらいありました。

この文章を書くだけでも、2~3時間かかっている思います。

ありがとうございます。

皆様からの感想のお手紙お待ちしております。

サテライトサイトの事例の探し方

SEO対策される方の中には、
実際に使われているサテライトサイトを見てみたいという方も多いと思います。

実際に使われているサテライトサイトを見るには、
バックリンク調査サイトを使うとよいでしょう。

どのバックリンク調査サイトを使うとよいのかということについては、
無料で使えるものとしては、
以下のバックリンク調査サイトがおすすめです。

https://majestic.com/

https://cognitiveseo.com/site-explorer/

https://siteexplorer.info/

https://en.seokicks.de/

https://www.semrush.com/

https://www.linkody.com/

話をもどすと、サテライトサイトの事例を探すのには、
ビッグキーワードを参考にするとよいでしょう。
ビッグキーワードですと、トップレベルのサテライトサイトを作成されていると想定できるからです。

具体的には、
『キャッシング 即日』や『脱毛サロン おすすめ』『育毛剤 ランキング』などで検索してみるとよいでしょう。
ここで出てきたサイトのバックリンクを見るとよいでしょう。

そのほかにも、バックリンクチェックサイトによっては、
IPアドレスの分散率もわかるところもありますので、
大変参考になります。

ちなみに、私の場合ですと、サテライトサイトは、
htmlサイトまたはwordpressで作っています。

いずれの場合も、トップページからリンクを送るといった感じです。
文字数は500くらいです。

また、サテライト作成後、3ヶ月ほど期間を置いてからリンクを送るという方が多いのですが、私はやっていません。
もちろん、3ヶ月ほど期間を置くというのが理想と言えるでしょう。

中古ドメインと無料ブログどっちが効果的?

SEO対策として、サテライトサイトを作る場合の選択肢として、
中古ドメインと無料ブログの選択肢があると思います。

これはどちらが優れているというわけではなく、
それぞれメリット・デメリットがあるので、見ていきましょう。

 

<中古ドメインのメリット>

先に中古ドメインのメリットを紹介したいと思います。
無料ブログに比べて中古ドメインが優れているところは、
サイトを削除される心配がないというところでしょう。
例えば、無料ブログは運営会社の一存により勝手に削除されてしまうのですが、
中古ドメインのほうは毎年更新料を払い続ける限りずっと使い続けることができます。
中古ドメインのデメリットとしては、時間の経過とともにバックリンクが減っていくというデメリットがあります。
どれくらいのペースで減っていくのかについては、
ドメインごとによって異なりますが、
私の経験としては、1年に半分くらいに減るのが一般的です。

 

<無料ブログのメリット・デメリット>

無料ブログのメリットとしては、無料で使えるというのが最大のメリットです。
逆にデメリットとしては、運営者の一存で削除される可能性があることです。
また、使う中古ドメインにもよりますが、
中古ドメインよりも効果が低いというのが無料ブログのデメリットです。

 

<結局どっちがよいの?>

結局どちらが良いのかということですが、
あなたの現在のアフィリエイトレベルも重要なポイントです。

例えば、初めてサテライトサイトを作るのでしたら、
費用が発生する中古ドメインではなく、無料ブログを使うのがよいのかもしれません。

そして無料ブログでサテライトサイトをある程度経験したのでしたら、
中古ドメインを使ってみるとよいでしょう。

 

 

日本語ドメインは上がる?上がらない?【メリットとデメリットも】

通常メインサイトを作る場合の選択肢として、
①ikumou.comなどといったローマ字ドメイン、
②育毛.comといった日本語ドメイン、
③中古ドメインの3つがあると思います。

この内、①については、そのローマ字が検索エンジンにどのように評価されているかによります。
例えば、おそらくですが、
ikumou.comは検索エンジンに『育毛』として認識されているので、
SEO上効果的といえるでしょう。
逆に長すぎるローマ字、例えば、******.comといったローマ字ですと、
検索エンジンから「***」と認識されることがなくSEO上メリットが少ないでしょう。

次に②の日本語ドメインですが、
こちらは私の場合、サイトを作る上で必ず使うようにしています。
というのも、効果があるからです。

例えば、『キャッシング 即日』というキーワードでサイトを作る場合、
まずはキャッシング即日.comというドメインを取ります。

次に、キャッシング即日.comを上位表示するために、
中古ドメインをつかいます。

この時に使っている中古ドメインのトップページのタイトルを『キャッシングの即日情報』 などキャッシング即日に関するキーワードでサイトを作ります。
理由としては、メインジャンルと同じジャンルでバックリンクを作ることでより上位表示されやすいという理由からです。

また、『キャッシング 即日』で上位表示するのに必要な中古ドメインでサテライトサイトを作りましたら、その中古ドメインの中から一番上位表示されているものをバックリンクサイトからメインサイトにします。

ですので、1つのキーワードについて、日本語ドメイン又はローマ字ドメインと中古ドメインの2サイトがあるといった感じになります。

ちから的には、検索エンジンに認識されたローマ字ドメイン=日本語ドメイン≠中古ドメインといった感じでしょうか。
中古ドメインは質の良いものからそうでないものまであるため、一概にはいえません。

まとめると、私の場合は日本語ドメインは上位表示する上での第1候補にしますし、効果も感じております。
日本語ドメインのデメリットを上げるとすれば、
キーワードの変更がきかないといったところでしょうか。
例えば、キャッシング.comにした後で、キャッシング即日.comというドメインにすることはできないということです。
これはローマ字ドメインも同じです。

そのほかにも、メールを使う場合、ドメインが「xn--」から始まるものになるため、見栄えが悪くなります。
ただ、アフィリエイトサイトの場合はあまり関係ないかもしれませんね。

 

 

1 2 3 7