中古ドメインで中国語とロシア語は注意?

中古ドメインを取得するときには、そのドメインの言語も見ることになるともいます。
日本語サイト運営ドメイン以外は基本的にあまり変わらないのですが、
やはり、スパムサイトが多い言語は存在します。

一般的には中国語とロシア語サイトが運営されていたドメインがスパム率が高いです。
中国語ロシア語サイト以外だとアラビア文字もあまりよいものがあった記憶がありません。

あと、ここでいうスパムというのは、
主にコメントスパムや悪いディレクトリに登録されているドメインのことをいいます。

ですから、中国語とロシア語のドメインを取るときにはバックリンクも見るようにしましょう。

もちろん、すべての中国語とロシア語サイトが悪いというわけではありません。

あまりありませんが、中にはよい中国語とロシア語ドメインもあります。

中国語のサイトの場合のよいサイトの基準としては、
会社のサイトなどの信頼できそうなサイトで、
かつ、バックリンクにコメントスパムなどの質の悪いリンクが無いことが条件になります。
特に、wikipediaやdmozなどがあるときは、
よいサイトであるといえるでしょう。

 

中古ドメインを無料で紹介するメルマガ
pc

One comment

  • こんにちは。いつもありがとうございます。
    中国語表記されているスパムを受け取ったことがあります。
    読めないのでそのまま迷惑メールに振り分けられていました。
    スパムかどうかの見分け方も大事ですね。
    応援して帰ります。

ryouji にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)