私のメルマガで紹介していること

私のメルマガに途中から読者になった人のために
このメルマガで紹介しているドメインの説明をしたいと思います。

私のメルマガで紹介しているドメインは、
①誰でも取得できる中古ドメイン
②私が取得したドメインをバリュードメインオークションに出品したもの

をメインで紹介しています。
*このほかにドメインに関するニュースも紹介しています。

①の誰でも取得できるドメインは、

1.majesticトラストフローが20前後のドメイン
2.日本語サイトが運営されていた中古ドメイン
3.gov・eduリンクがある中古ドメイン

を主に紹介しています。

1.のmajesticトラストフロー20前後の中古ドメインの注意点としては、
majesticは1日の検索できる回数に上限があります。
私は、独自ツールでトラストフローを確認しておりまして、
今現在のトラストフローと異なる可能性があるものについて
TFの後に「?」をつけることで対応しております。

ですので「?」記載のあるものを取得するときには、
ご自身で今現在のトラストフローを確認してから取得するようにしてください。

2.の日本語サイトが運営されていた中古ドメインについては、
そのままの通り、日本語サイトが運営されていた中古ドメインのことです。
バックリンクも日本語サイトが多いですから、中古ドメイン初心者にもおすすめです。

また、紹介するときには、「日本語サイト運営中古ドメイン」
または、「日本語中古ドメイン」、さらに省略して「日本語」などと紹介しております。
*長くなるので・・・

3.のgov・eduリンクがある中古ドメインは
MOZにてgov・eduからのリンクが確認できる中古ドメインを紹介しています。

 

<バックリンクについて>

バックリンクについては、どこまでをスパムなリンクというかについては、個人によって解釈が異なります。
例えば、人によっては、手動によってはられた相互リンクはスパムに当たらないという人もいると思いますし、
たとえまともなサイトが運営されている中古ドメインであっても、
コメントスパムが一つでもあれば、取得しないという人もいると思います。

私の紹介する中古ドメインは、
バックリンクの品質についてはなるべく緩い基準で紹介しております。

というのも私の読者の中には、
ちゃんとしたサイトが運営されてて、政府系リンクが一つあれば、
それ以外のリンクはスパムが多くても取得したいという人が少なからずいるからです。

もちろん、スパムリンクが多い場合は、その旨を記載するようにはしています。

ですので、誰でも取得できる中古ドメインを取得するときには、
各自でバックリンクをご確認の上、取得するようにしてください。

 

<スパムチェックについて>

スパムチェックは
「McAfee SiteAdvisor」「Norton Safe Web」
を使っております。

多くの人はaguse.jpを使っているという人が多いみたいですが、
私が委託販売していた時にaguse.jpまで使う必要がなかったので、
aguse.jpでのチェックはしておりません。
aguse.jp自体、「McAfee SiteAdvisor」「Norton Safe Web」ほど精度が高くないというのもあります。

その上、日本語サイト運営中古ドメインの場合、
歯科医院など明らかにスパムではないと一目でわかりますので、
安心して取得できます。

 

<インデックスなしの中古ドメインも紹介します>

また、中古ドメインの中には、googleにインデックスされていないものもございます。
このメルマガではgoogleにインデックスされていない中古ドメインも紹介しています。
googleにインデックスされていないものについては、
ドメイン名の下に、
「インデックスなし」と表示しております。

ただ、インデックスされていないものを無条件に紹介しているわけではなく、
私の経験上9割近くはインデックスされるであろうものを紹介しています。
*もし、インデックスされなくてもご了承ください。

また、インデックスさせる方法としては、
実際にサイトを作成してみるという方法もありますが、
私はドメインパーキングのページを表示させる方法をおすすめします。

理由としては、インデックスされていない段階でサイトを作成してしまうと、
もしそのドメインがgoogleに「手動による対策」を受けていた場合、
サイトを作成した時間が無駄になってしまうからです。

ですので、インデックスなしのドメインを取得した時には、
ドメインのネームサーバーをドメインパーキングのsedoに変更するとよいでしょう。

sedoのドメインパーキングは

ns1.sedoparking.com
ns2.sedoparking.com

になります。

ネームサーバーをsedoのものに変更することで以下のようなページが表示されると思います。
sedo
*場合によっては、デザインが多少異なることもあるようです。

sedoは会員登録していなくても、ネームサーバーを変更するだけでドメインパーキングのページが表示されるのでおすすめです。

 

ただ、たまに、上記のページではなく、別のサイトにリダイレクトされる場合もあるようです。
この場合でもインデックス自体はされるようですが、
seo的にあまりよくない気がしますので、
この場合、別のドメインパーキングのネームサーバーを使うとよいでしょう。

別のドメインパーキングとしては、parkingcrewがあります。
こちらも登録することなしに、ネームサーバーを変更することのみでパーキングページを表示することができるのでおすすめです。

parkingcrewのネームサーバーは以下の通り

NS1.PARKINGCREW.NET
NS2.PARKINGCREW.NET

 

多くの場合は、ネームサーバーをsedoに変更して1か月ほど待っているとインデックスされますが、
はやくインデックスさせたいのでしたら、
以下のページからインデックスを促してみるとよいでしょう。

https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url?hl=ja

こちらのページはグーグルサイトコンソールにサイトを登録しなくてもグーグルにインデックスを促すことができるのでおすすめです。

上記のサイトでインデックスを1週間に1回のペースでインデックスされるまで促してみて、
3回以上やってもインデックスされなければ、「手動による対策」を受けていると判断してもよいでしょう。

 

<だれでも取得できる中古ドメイン全般の注意点>

だれでも取得できる中古ドメイン全般の注意点としては、
ドメインをなるべく早く紹介する必要があるため、
インデックスの有無などを見落としてしまう可能性があります。

ですので、だれでも取得できる中古ドメインを取得される際は、
各自で各種指標をご確認の上、取得するようにしてください。

 

<バリュードメインオークションでの買い方>

バリュードメインオークションに出品している中古ドメインを落札する場合、
あらかじめ購入可能金額を追加し、
その購入可能金額をバリュードメインポイントに変換しておく必要があります。

購入可能金額を手動で追加するページ
https://www.value-domain.com/pg/card.php

 

次に、購入可能金額をバリュードメインポイントに変換する方法ですが、

バリュードメインオークションのページには以下のように書いてあります。

バリュードメインポイントの残高が入札額に満たない場合、入札できません。購入可能金額をバリュードメインポイントに変換してから入札ください。バリュードメインポイントへの変換は、購入可能金額をバリュードメインポイントへ変換より行ってください。

変換するページはこちらになります。
https://www.value-domain.com/payment.php?action=change_digipo

 

 

<アフィリエイトリンクを踏んでください>

最後になりますが、中古ドメインを見つけるのにはそれなりの時間と手間がかかっております。
ですから、
誰でも取得できる中古ドメインを取得する際には、
ぜひ私のアフィリエイトリンクを踏んでドメインを登録していただけると幸いです。

アフィリエイトリンクは、お名前コムとムームードメインになります。
バリュードメインがないのは、バリュードメインは一度でもドメインを取得されたことがある人は報酬の対象にならないからです。
バリュードメインで取得したいという人は、バリュードメインのほうにそういったご要望を出してください。
また、ムームードメインよりも、お名前コムのほうがアフィリ報酬が良いので、
できれば、お名前コムで取得していただけると助かります。

そんなところでしょうか。
わからないところがあれば、コメントください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)