pc
中古ドメインの業者をはじめました。<7月更新>
もしあなたが大手中古ドメイン販売サイトで中古ドメインを多く購入されているのであれば、
おチカラになれると思います。
私は今まで大手中古ドメイン販売サイトで300個ほどの中古ドメインを委託販売させていただいた経験があります。
続きは画像をクリック!!!

中古ドメインの簡単な選び方【初心者向け】

今日は中古ドメインの簡単な選び方について紹介していこうと思います。

中古ドメインの『選び方』ということですので、
中古ドメイン販売業者や自分で見つけた中古ドメインなどですでに取得しようかどうしようか
っていうドメインがあるという前提で進めていきます。

中古ドメイン取得暦が浅いと、どういった中古ドメインをとったらいいのか
その取得するドメインがほんとに価値があるものなのかわからないですよね。

中古ドメインの選び方についてはいろいろなものがあると思うのですが、
私の場合ですと、ほしい中古ドメインがあったときは
google choromeの拡張機能「Open SEO Stats」で
googleのインデックスの状況と
McAfee SiteAdvisorとNorton Safe Webでスパム判定を受けていないかを調べる。

バックリンクを調べるサイトで、バックリンクを調べる

internet archiveで過去のサイトを見る

という感じで進めています。

使うのは拡張機能と2サイトだけです。
(バックリンクサイトは必要に応じてほかのサイトでも調査することがあります)
次に、それぞれのツールでどういったところに注目していったらいいのかを紹介しますね。

最初にgoogleの拡張機能の「Open SEO Stats」だけど、
これはgoogleにインデックスされているかと、
McAfee SiteAdvisorとNorton Safe Webでスパム判定を受けていないかを調べます。
私の場合、見るところはこの2つです。

インデックスされていないからとらないと言うわけじゃなくて、
そのドメインがよっぽどいいドメインなら取得します。

McAfee SiteAdvisorとNorton Safe Webについては
スパム判定がgoogleにどういった影響を与えるのかわからないため
なんともいえません。
というか正直なところ私はあまりスパム判定のドメインをとることがないため
なんともいえないです。
ただその少ない経験だと、ほかのドメインと同じように使うことができました。
これに関しては皆さんが経験されたほうがはやいと思います。

次に、バックリンクなのですが、
バックリンクに使っているサイトは
『Open Site Explorer』や『http://siteexplorer.info/』、『majestic seo』などを使っています。
バックリンク調査サイトについては、これについて書くと
1記事出来上がってしまうので、またの機会に書きたいと思います。

最後に、internet archiveですが、
これは過去にどのようなサイトが運営されていたかを見るために使います。
具体的には、スパムのサイトが運営されていないかを見ます。

日本のサイトだと、一目でわかるのですが、
海外のサイトで、そのサイトが良いサイトなのか悪いサイトなのか
理解するにはある程度、経験が必要です。

これも1記事書けてしまう内容なので、
またの機会にしたいと思います。
まぁ、中古ドメインの選び方を簡単に説明するとこんなところでしょうか。

1 18 19 20