welqがなぜ上位表示されていたのかについて考えてみた【SEO対策】

世間ではwelqというサイトが問題になっているそうです。

問題といってもいろいろとあると思いますが、
私のブログはSEOに関するブログですので、
welqがなぜ上位表示できたのかについて考えてみたいと思います。

welqが上位表示できた理由に当然のことながらgoogleに最適化されていたということがいえるでしょう。

当然のことですが・・・

ではどうやって最適化していたのかということですが、
私の個人的な意見になりますが、
googleは2012年のペンギンパンダアップデートからバックリンクのかわりに、
ページ数が多く、アクセス数があるサイトを重視しているような気がします。
つまりアクセスがあるサイトを上位表示していると思います。
もちろん、welq自体にもバックリンクがありそれが原因で、
上位表示しているという考えがあるというのもわかります。
ただ、welqのインデックス数をグーグルで『welq インデックス数』で調べたところ
75,000もあるそうです。
また、welqのバックリンクドメインがアーチフによると3880ありました。
welq
バックリンクの力がすべてのページにいきわたっていても、
ビッグキーワードのような30以上のバックリンクが張られているサイトに勝つというのは不可能であると言うのが普通です。

ではなぜwelqが上位表示できたのかと言うと、
ページ数(googleでのインデックス)が多く、また、
アクセス数がかなりあるというのが理由だと思います。

ペンギンパンダアップデートが行われる2012年以前はよくペラページでも上位表示できたと言われています。
その対策として、バックリンクよりも、ページ数やアクセス数を重視しているように思います。

そう考えると、googleはアフィサイトを上位表示するか、
キュレーションサイトを上位表示するかのどちらかを選ばなければならないわけですが、
今回、キュレーションサイトが自主廃業しなければ、googleが何らかの対策をしたと思います。
対策としては、ページ数やアクセス数が多いサイトを上位表示しないということでしょうか。

ただ、そうなると、アフィサイトが相対的に上位表示されると思いますが、
今現在アフィサイト狩りが流行っていますので、しかたがなくキュレーションサイトを上位表示し続ける可能性が高くありました。
しかし、たまりすぎた不満がばくはつし、キュレーションサイトに改善が求められている現状がgoogleとしては最善策のようにも思えます。

この文章は適当に書きましたので、間違っているところやいまいち納得のいかないところがあると思いますが、ご了承ください。

サテライトサイトの作成法とリンクの貼り方・作り方

サテライトサイトのリンクの張り方がわからないという人も多いかもしれません。

私は今まで100ほどサテライトサイトを作ってきたのですけど、
その経験からだと、普通にトップページから貼るというのがよいと思います。

リンクを送る場所は、記事中のどの位置から送るのかといいますと、
記事中の一番上から送ったり一番下にしたりと、
規則性が出ないようにしています。

サイドバーからリンクを貼る方法もあると思いますが、
私はやっていません。
以前やったときはあまり効果が出なかったというのもありますし、
今現在ビッグキーワードで上位表示されているサイトのほとんどが記事中のリンクからですので、私もそれに合わせているといった具合です。
テストをしていないため、もしサイドバーから張って効果があったら教えてくださいwww

また、リンクは1ドメイン1サイトを基本とし、
リンクを送るごとに、順位が上がったのかを確認するとよいでしょう。

<サテライトサイトの種類は、wordpress、HTML?>

サテライトサイトの種類は、wordpress、HTMLサイトのどちらもよいですが、
更新のしやすさを考えるとwordpressのほうがよいでしょう。

 

<サテライトサイトの作り方>

次はどのようなサテライトサイトを作るかについてですが、
テンプレートは分散していますが、基本的には文字を入れているだけです。

入れる文字数は600文字程度のものを入れています。

 

<サテライトサイトのアンカーテキストは?>

アンカーテキストについては、5リンクほどでしたら、
全く同じものでも問題はないでしょう。
しかし、10リンク以上になるとアンカーテキストを異なるものにしておいたほうがよいでしょう。
異なるものといっても、『脱毛サロン ランキング』を『ランキング 脱毛サロン』にしたりすることで同じキーワードでも異なるアンカーテキストにすることができます。

 

<サテライトサイトのIP分散は?>

あとサテライトサイトと言ったら、IP分散でしょうか。
IP分散は必要です。
どれくらいIP分散が必要なのかといいますと、
これは人によって異なると思います。
完璧に分散する人もいれば、ある程度妥協する人もいるでしょう。
私の場合だと、1つのIPで2サイト以内にするようにしています。

 

<サテライトサイトは無料ブログ?中古ドメイン?>

サテライトサイトを作るときに、
無料ブログ・HPのどちらがよいのかと言うことについては、
どちらもやっている方がいるため、一概にどちらが優れているということはないと思います。
私の考えでは、最初のうちは無料ブログである程度経験をつんでから、
中古ドメインにはいるかどうか考えるのがいいと思います。

なんとなく書いていったらこんなになってしまいましたがサテライトサイトについてはこんなところでしょうか。

このブログが『中古ドメイン』で5位になりました

このブログ、nanotechresearch.jpが『中古ドメイン』というビッグキーワードで
5位になりました。

記念のキャプチャ

nano

 

<『中古ドメイン』というキーワードでの歴史>

nanot

 

今までずっと自称ロングテールでやってきましたが、
いまいちビジターが増えない+中古ドメインがあまっている+中古ドメインのブログが『中古ドメイン』というキーワードで上位表示されていないというのはいかがなものか、ということから上位表示を目指してみました。

どうやったのかというと、バックリンクを張っただけです。
ただ、まさか5位になるなんて思っていませんでした。
というのも今までの私の経験上、せいぜい20位くらいだろうと思っていました。

今回5位になったのは、運要素がかなりあります。

また、25位からいきなり5位になったため、
この順位は長くないでしょう。

ただ、今回5位になったのはなにがよかったのか考えました。

今回5位になった原因としては、
長く運営されているサイトであるということと、
最近特に頻繁に更新しているということがあると思います。

長く運営されているというのは、このサイトは2年以上運営されていますし、
ここ1ヶ月の間に3回ほど更新しています。

ちなみに、バックリンクを張ったのは、
10月5日くらいから張りはじめて、3日に1つくらいのペースで張りはじめました。

あと、張ったバックリンクですが、
どのようなどメインから張ったのかといいますと、
だいたい販売屋さん価格で3000円から10000円くらいのドメイン10個、
その他無料ブログなど(昔に張ったものですので詳しくは覚えていません)5つくらいから張りました。
ちなみに、この無料ブログなどはほとんど効果がありませんでした。

張ったペースの3日に1回というのはかなり速いペースですので、
これから中古ドメインでSEO対策をするのであれば、
10日に1つくらいのペースがよいでしょう。

こんなに簡単に上位表示できることはほとんどないのですが、
参考程度にどうぞ

中古ドメインと日本語ドメイン、あげやすいのはどっち?

中古ドメインと日本語ドメインどちらをメインサイトにするか悩む方は多いと思います。
中古ドメインは元からリンクがあるから、上位表示できそうですし、
日本語ドメインはアドレスが検索キーワードと一致していますから、
こちらも上位表示できそうです。

先に結論を言うと、場合によるので、
どちらがよいかはいえません。

たとえば、中古ドメインと一言でいっても価値のあるものからそうではないものまでさまざまありますし、
日本語ドメインのほうも、検索キーワードと完全一致なのか部分一致なのかによって
変わってくると思います。

ではどうしたらよいのかと言いますと、
面倒ですが、実際にサイトを作ってみるというのが一番よいかもしれません。

ただそれだと記事としてはいまいちだと思いますので、
私の経験上どちらがよかったのか紹介したいと思います。

私が今まで日本語ドメインと中古ドメインを使ってきて、
どちらがよかったのかと言うと、ずばり、中古ドメインのほうが効果がありました。

さらに具体的にいうと、『りんごランキング』と言うキーワードですと、
りんごランキング.comと中古ドメイン販売屋さんで販売されている2000円~3000円くらいの中古ドメインだと、同じか若干中古ドメインのほうが強いといった感じです。

また、短期であげたい場合は中古ドメインのほうがあげやすいという特徴があったり、
日本語ドメインはgoogleの目視チェックで引っかかりにくい?という可能性から長期的に上位表示するのに向いているという特徴がありますから、
短期で収益を上げるのか長期で収益を上げるのかによっても変わってくると思います。

 

私がIPアドレスの分散に使っているレンタルサーバー

サテライトサイトの作成で重要なことに、
IPアドレスの分散がありますが、IPアドレスの分散をするには
複数のレンタルサーバーを契約しなければなりません。

だけど、複数のレンタルサーバーを契約するのは大変です。

例えば、お金がかかったり、コントロールパネルが違うから使い方を覚えるのが大変だったりします。

ですが、別の記事でも書いたとおり、
私はIPアドレスの分散は必要だと考えております。

以下では、私が使った・使おうと思っているレンタルサーバーで、
独自ドメインが設定可能で、かつ、月額500円未満のものを紹介しています。

 

1.さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーは複数契約してもIPアドレスが異なるためおすすめ。

http://www.sakura.ne.jp/

2.ロリポップ

ロリポップは複数契約した場合でもIPは同じになるらしいです。
ただ、ロリポップは中古サブドメインがあるのでおすすめ。

https://lolipop.jp/

3.ドメインキング

あまり知られていないけど、1年100円で契約できるレンタルサーバー。
複数契約するときは、メールアドレスが同じだとIPも同じになるっぽい。

http://www.domainking.jp/

3.ロケットネット

こちらもドメインキングとほぼ同じ。ただ1年1000円。

http://www.rocketnet.jp/

4.xrea

バリュードメインのレンタルサーバー。
無料と有料があり、クラスCで2つまで分散できる。

https://www.xrea.com/

5.ウェブクロウのレンタルサーバーとWPブログ

ウェブクロウのレンタルサーバーとWPブログはIPが分散されません。

http://www.webcrow.jp/

6.ミニバード

ウェブクロウのレンタルサーバーだけど、「ウェブクロウのレンタルサーバーとWPブログ」とはIPが異なる。

http://www.minibird.jp/

7.エックスドメイン

エックスドメインのレンタルサーバーには、
『HTMLサーバー』『PHP・MySQLサーバー』『WordPressサーバー』の3つがありますが、
IPアドレスはクラスCで分散されません。

https://www.xdomain.ne.jp/

8.99円レンタルサーバー

99円レンタルサーバーも安いサーバーとしておすすめ。

http://99yen.jp/

9.Amazon EC2

Amazonが提供するレンタルサーバーみたいなもの(よくわからない)
転送量におおじて費用が変わる。

https://aws.amazon.com/jp/

10.クイッカ

クイッカも安いサーバーとしておすすめ。
複数契約してもIPアドレスの変更ができる設定がある。

http://www.quicca.com/

11.ミニム

ミニムもやすいいレンタルサーバー。
まだ契約をしていないためわかりません。

http://www.minim.jp/

12.エクストリム

エクストリムはミニムと同じようなコントロールパネルのレンタルサーバー。

http://www.extrem.jp/

13.バリューサーバー

バリュードメインのレンタルサーバー。

https://www.value-server.com/

14.ラクサバ

安いことが売りのレンタルサーバー。
月99円プランだとマルチドメインが3つまでしかできないのが残念なところ。

https://www.rakusaba.jp/

15.blogger

bloggerはgoogleの無料ブログサービスですが、
独自ドメインを設定することも可能です。

https://www.blogger.com/

16.googleサイト

googleサイトはgoogleのホームページが作れるサービスです。
ただ、独自ドメインを使うにはウェブマスターツールに登録する必要があることに注意です。

https://sites.google.com/

17.seesaaブログ

seesaaブログも独自ドメインが使えます。

http://blog.seesaa.jp/

18.ソネットブログ

ソネットブログも独自ドメインが使えます。

http://blog.so-net.ne.jp/

19.アメーバオウンド

最近新しくオープンしたアメーバの新しいサービスです。
上限はわかりませんが、独自ドメインを複数追加できます。
私の場合では今のところは5つ登録しています。

https://www.amebaownd.com/

20.忍者ブログと忍者ホームページ

忍者ブログトンじゃホームページはCクラス分散ができていないため、
2つで1つになります。
私の場合は、忍者ブログと忍者ホームページは中古サブドメインを使ってるため、
独自ドメインは利用していません。

http://www.ninja.co.jp/

21.ホスティンガー

ホスティンガーはあまり知名度はないですが、
無料で独自ドメインが3つ設定できるため重宝しています。

http://www.hostinger.jp/

 

以上になります。

探すともう少しあるのですが、とりあえずこれだけあるとよいでしょう。

IPアドレスは2つくらいまでならかぶっても大丈夫だと思いますので、
計21かける2の42ドメインの中古ドメインからリンクを送ることができるでしょう。

 

1 2 3