インデックスされていない中古ドメインは注意が必要です。

中古ドメインの中には、インデックスされていないものが多くあります。
これらの中古ドメインを取得するときに注意することがあります。

それはgoogleからペナルティを受けている可能性があるということです。
私の経験ではだいたい10個のインデックスされていない中古ドメインのうち、1つくらいがペナルティを受けている感じです。

ペナルティを受けているかどうかはウェブマスターツールに登録のが手っ取り早いです。

ペナルティを受けているドメインを事前にわかるのかといえば
そういうことはなく、internetarchiveを見てもどう見ても普通のサイトなのにペナルティを受けている中古ドメインだったことが結構あります。

なので、ペナルティを受けているかどうかということは完全に運といえます。

ペナルティの内容は、そのほとんどが意味のない文章?だったかな
そんなもので、不自然なリンクによるペナルティはほとんどありません。

ただ、2006年などの昔にサイトが削除されていて
それからっずっとドメインだけが更新されている中古ドメインなんかは
インデックス削除されるのが普通ですので、ある程度安心して取得することができます。

 

 

評価の低い中古ドメインの例を紹介します。

価値のある中古ドメインは中古ドメイン販売屋さんを見ればだいたいわかるのですが、逆に価値の低い中古ドメインがわからない人って多いのではないでしょうか???
そんなわけで、今日は価値が低い中古ドメインを紹介してみます。

価値の低い中古ドメインその①
marcbymarc-jacobs.com
この中古ドメインはバックリンクが大量にありますが、
リンク元を見るとほとんど価値がないものだとわかります。

価値の低い中古ドメインその②
samedaycashp9.com
この中古ドメインも上のと同じくバックリンクが大量にあるものの
リンク元を見るといずれも価値がないリンク元であることがわかります。

価値がない中古ドメインはこのように、バックリンクは大量にあるもののその大半がスパムなものをいいます。
そのほかの特徴としては、バックリンクの半分または大半がノーフォローであったり、ドメイン名に「ugg」「cheap」「toryburch」などのブランド名が入っていたりするものがあります。

はじめてだと、このような大量にバックリンクがある中古ドメインは価値があると誤解しがちですが、取得する前に冷静になってなぜ残っているのか考える必要があると思います。

 

中古ドメインのスパムチェック方法

このページでは中古ドメインのスパムチェック方法について紹介していきたいと思います。

中古ドメインを取得するときに気になるのが
スパム判定を受けていないかということです。

スパムといってもいろいろなスパムがあるのですが、
中古ドメインを取得する上で注意するスパムは2つあります。

それはgoogleスパムとそれ以外のスパムです。

先にgoogleスパムについて説明しますね。

ここでいうgoogleスパムについては、
意味のないサイトをつくってウェブマスターツールで警告が来ていて
インデックスされないものをいいます。

googleスパムの特徴としては、インデックスされていない中古ドメインがその可能性があります。

当然すべてのインデックスされていないドメインがスパムというわけではりません。

見分けるコツとしては、internet archiveを利用するのが良いです。

具体的には、サイトを見るわけですけど、

こればっかりは経験がものをいう世界です。

そのため、いろいろな中古ドメインを見てみるしかありません。

でもそれだと記事として良くないので、私が今まで出会ったgoogleスパムドメインを紹介したいと思います。

・uggやトリーバーチなどブランドの通販サイト

・サテライトサイト

・それ以外の普通に見いえるサイト

uggやトリーバーチなどブランドの通販サイトというのは、
よくある詐欺サイトでドメイン名にuggやtoryburchなどの文字列があるのが特徴です。
大量のバックリンクがあり、初心者でも見分けやすいです。

次に、サテライトサイトというのは、そのまんまの意味です。
中古の中古ドメインであることが多く一見すると普通のサイトのように見えますが、
よくみると、アンカーテキストがリンクになっているため、わかります。

googleスパムについての説明はこれくらいです。

次に、googleスパム以外のスパムについて説明したいと思います。

google以外のスパムは、マカフィーやノートンがやっている
サイトのスパムチェックのことをいいます。

一般的にはaguse.jpが有名ですが、
私の経験では、aguse.jpまでは使わないかなってところです。

googleの拡張機能の「Open SEO Stats」でみれる
McAfee SiteAdvisorとNorton Safe Webで十分な気がします。

ちなみに、スパムチェックサイトには以下のサイトがあります。
Spamhaus: https://www.spamhaus.org/lookup/
VirusTotal: https://www.virustotal.com/en/
Google Safebrowsing: https://www.google.com/transparencyreport/safebrowsing/diagnostic/
SURBL: http://www.surbl.org/surbl-analysis
URIBL: https://admin.uribl.com/

まぁこんなところでしょうか?

中古ドメインを委託販売できるところを探してみた。

中古ドメインを委託販売できるところを探してみた。

中古ドメインを取得しているけど、結局は使わなかったから
委託販売で売ってしまいたいっていう人もいるんじゃないかな????

そんなわけで中古ドメインを委託販売できるところを探してみたけど、

一番有名なところだと、中古ドメイン販売屋さんっていうところがあります。

中古ドメインの販売ならここっていうくらい有名なところなので知っている人も多いと思います。
中古ドメイン販売屋さん以外で中古ドメインの委託販売をしているところを探してみたのですが、
バリュードメインにドメインオークションっていう個人がドメインを販売するところがあります。

ただ、こちらに中古ドメインをおいておいてもあまり売れた経験がないため利用していません。

実際、かなり利用しづらいですから中古ドメインを買う目的で利用する人は少ないのかも知れません。

ほかには
wixi.jpっていう中古ドメインの販売・オークションサイトがあります。
wixi.jpも中古ドメイン販売屋さんみたいに個人が中古ドメインを販売できるサイトなのですが
まだ、いまいち人気がないサイトなので利用したことがありません。
そのほかだと、
海外には、「sedo」っていうドメインを売れるサイトがあるのですが、
こちらは中古ドメインを出店していてもめったに売れないので
ここで中古ドメインを販売しようと思ってもあまりメリットがありません。
以上をまとめると
バリュードメインのドメインオークションとwixi.jpは活気がないですし、
sedoは中古ドメイン販売屋さんで販売する過程で利用していますが、
月50ほどsedoに出品していても、3ヶ月に一回買いたいっていう連絡があるかないかです。
そんなわけで、中古ドメインを委託販売するなら
中古ドメイン販売屋さんがベストということになります。

中古ドメインがインデックスされない?その対処法は?

中古ドメインがインデックスされない?その対処法は?

中古ドメインをとったけど、インデックスされない。

そんなことはありませんか??

私はたくさんあります。

中古ドメインを取得した時点でインデックスされているドメインはいいのですが、
インデックスされていないドメインを取得する場合なんかは
googleからスパムを受けていることがあるので注意が必要。

インデックスされないドメインの対処法なのですが、
まずは、ここ↓
https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url?hl=ja
でインデックスを促して見ます。

ここにurlを送信するとすぐに大半のインデックスされていないドメインはインデックスされます。

ただ、すぐにインデックスされないドメインもあります。
すぐにインデックスされなくても、2~3日後に再びインデックスを促すと
インデックスされることがあります。

それでもインデックスされないと、ほとんどの場合
googleからスパム判定を受けておりインデックス削除されています。

おそらくウェブマスターツールで確認してみると
「手動による対策」を受けているでしょう。

こうなってしまうと、再申請をしてスパム解除しなければなりません。

しかし、私も何回か試してみたのですが、
解除をしてもらうのは非常に難しいです。

再審査をして解除してもらうノウハウがあればいいのですが、

そうではない場合はあきらめるしかないようですね。

1 4 5 6 7