ドメインガールズガイドっていうブログがドメイナー的に面白い

最近偶然見つけたのですが、GMOの社員さん?が運営しているドメインブログが深すぎて面白いです。
ブログはこちらね→http://domain-girls.guide/

内容はSEO対策やサイト運営者向けというよりも、
ドメイナー(ドメイン投資家)向けっぽい印象を受けました。

面白いのがICANNがどうとか、新gTLDについてや、
pokemongoドメインがどうとか、おおよそサイト運営者向けとはいえない内容になっております。
.at(オーストリアの国別コードトップレベルドメイン)が1~2文字でも登録できるようになったとかドメイナーしか興味がないと思うのですが・・・

日本にはドメイナーは多くありませんからいろいろと謎です。

あと、紹介されているサイトが外国のサイトだったり、
最近の若い女の子はやばいなという印象です。

ただ、ドメイナーとしては、数少ない情報ブログですので、
ドメイナーの皆様はぜひブックマークに登録しておくとよいでしょう。

 

ICEGOV 2017から『Call for Papers』される

今日はいつもの迷惑メールとは少しが違ったメールをいただきました。

それは、『ICEGOV 2017』っていう学会?があるから、
『Call for Papers』、つまり論文や発表しませんかっていうもの?らしい。
違っていたらすみません。

探してみたら、『Call for Papers』についてはwikipediaにページがありました。

もちろんこの提案は、私宛っていうわけではなく、不特定多数に送っていると思われます。
ですが、このようなメールがくるっていうことは私も研究者の仲間入りということですwww

調べてみたところ、『ICEGOV』というのは、
「International Conference on Theory and Practice of electronic Governance」の略だそうです。
食べ物のアイスではないようですね。

『ICEGOV』は国連大学関係の学会のようで、
日本語では「電子ガバナンスの理論と実践に関する年次国際会議」という意味のようです。

探してみても日本語で説明されているページが余りありませんでしたが、
以下の2つが数少ない『ICEGOV』の説明ページになります。

http://jp.unu.edu/news/icegov2013-concludes-in-seoul.html
http://www.hitachi.co.jp/rd/portal/report/2013/icegov/index.html

 

そういえば「nanotechresearch.jp」って何なの?

このブログに来てくれた人のほとんどの人が、
このブログのアドレスがなんで「nanotechresearch.jp」なのか気になる人もいると思います。

正直に答えますと、間違えて取得したドメインになります。

本当は、nanotechresearch.comかnetを取得しようと思っていたのですが、
何を間違ったのかjpドメインをとってしまいました。

間違ったのはこのドメインのほかにも間違って、3つほどのjpをとってしまいました。

損失額は6000円ほどになります。

お名前コムは間違いやすいので注意するようにしましょう。

そんでいくつか間違って取得したドメインの中から一番アドレスがかっこいい?
ものを選んで、このブログにしたわけです。

今となってみると、正直ちゃんとしたアドレスを取り直せばよかったと後悔しています。

今ならdomainに関するドメインで、将来使わなくなったときに
高く売れそうなプレミアムドメインを取得すると思います。

ちなみに、日本だとjpドメインは人気なのですが、
世界だとjpはほとんど価値が低い(asiaやmobiより多少上でinやmeよりも下くらい)です。

まぁそんなところでしょうか。

みなさんもドメインの取得間違いには注意するようにしましょう。

 

 

『.コム』ってどう?評判について

最近『.コム』っていう新しいTLDが誕生したみたいです。

日本語のTLDはたぶんこれが初になるのではないでしょうか。

私のほうはというと・・・

1つも取得していません。

理由は、プレミアムドメインとしての価値を見出せないからです。

もう少し正確に言うと、私があまりよいドメイン名を見つけられないというのが正しいです。

例えば、『価格.コム』なんかは普通に価値がありそうですが、
私にはこのような発想ができないというわけです。

それにxyzなどのドメインに比べて、『.コム』は1つ500円ほどしますから、
価格的に取得できないということもあります。

あと、現在使われている『.コム』を調べてみました。

2016年7月現在であまりよさそうなサイトは運営されてないみたいでした。

まぁまだ誕生したばかりですから少ないのかもしれません。

代表的なサイトだと『外為.コム』がありました。
『外為.コム』はどうやら公式サイトのようですね。

それ以外ではとりあえず取得してみたサイトやアフィリエイトサイトが多い感じでした。

あと、英語ドメインよりも、日本語ドメインが多い印象でした。
例えば、『datumou.コム』よりも『脱毛.コム』が多い感じです。

探し方は検索エンジンで【site:.コム】で探しました。

みなさんも探してみるとよいでしょう。

 

このサイトがsimilarwebで

このサイトがsimilarwebでそれなりのトラフィックがあることになってる。

たまたまこのサイトがsimilarwebでどうなっているのか見てみたのですが、
驚いたことにsimilarwebである程度トラフィックがあるようなことになっていますね。

nano

ほんとはこんなにアクセスはありません。

おそらくは私がたくさんアクセスしたことでこのようなことになっているのだと思います。
その証拠にアクセス元をみるとダイレクトが93パーセント、ReferralsとSearchがそれぞれ3パーセントしかありません。
実際のアクセス数は1日に検索エンジンから5人来ればよいほうです。
【google アナリティクスの画像】

gggg

今回のことからわかったことは、たとえシミラーウェブでアクセスがあっても、
アクセス元がダイレクトからが多かったり、どこから来ているのかがわからないドメイン
はドメインパーキング目的でとるには注意したほうがよいということでしょうか。

 

 

1 2