中古ドメインと無料ブログどっちが効果的?

SEO対策として、サテライトサイトを作る場合の選択肢として、
中古ドメインと無料ブログの選択肢があると思います。

これはどちらが優れているというわけではなく、
それぞれメリット・デメリットがあるので、見ていきましょう。

 

<中古ドメインのメリット>

先に中古ドメインのメリットを紹介したいと思います。
無料ブログに比べて中古ドメインが優れているところは、
サイトを削除される心配がないというところでしょう。
例えば、無料ブログは運営会社の一存により勝手に削除されてしまうのですが、
中古ドメインのほうは毎年更新料を払い続ける限りずっと使い続けることができます。
中古ドメインのデメリットとしては、時間の経過とともにバックリンクが減っていくというデメリットがあります。
どれくらいのペースで減っていくのかについては、
ドメインごとによって異なりますが、
私の経験としては、1年に半分くらいに減るのが一般的です。

 

<無料ブログのメリット・デメリット>

無料ブログのメリットとしては、無料で使えるというのが最大のメリットです。
逆にデメリットとしては、運営者の一存で削除される可能性があることです。
また、使う中古ドメインにもよりますが、
中古ドメインよりも効果が低いというのが無料ブログのデメリットです。

 

<結局どっちがよいの?>

結局どちらが良いのかということですが、
あなたの現在のアフィリエイトレベルも重要なポイントです。

例えば、初めてサテライトサイトを作るのでしたら、
費用が発生する中古ドメインではなく、無料ブログを使うのがよいのかもしれません。

そして無料ブログでサテライトサイトをある程度経験したのでしたら、
中古ドメインを使ってみるとよいでしょう。

 

 

日本語ドメインは上がる?上がらない?【メリットとデメリットも】

通常メインサイトを作る場合の選択肢として、
①ikumou.comなどといったローマ字ドメイン、
②育毛.comといった日本語ドメイン、
③中古ドメインの3つがあると思います。

この内、①については、そのローマ字が検索エンジンにどのように評価されているかによります。
例えば、おそらくですが、
ikumou.comは検索エンジンに『育毛』として認識されているので、
SEO上効果的といえるでしょう。
逆に長すぎるローマ字、例えば、******.comといったローマ字ですと、
検索エンジンから「***」と認識されることがなくSEO上メリットが少ないでしょう。

次に②の日本語ドメインですが、
こちらは私の場合、サイトを作る上で必ず使うようにしています。
というのも、効果があるからです。

例えば、『キャッシング 即日』というキーワードでサイトを作る場合、
まずはキャッシング即日.comというドメインを取ります。

次に、キャッシング即日.comを上位表示するために、
中古ドメインをつかいます。

この時に使っている中古ドメインのトップページのタイトルを『キャッシングの即日情報』 などキャッシング即日に関するキーワードでサイトを作ります。
理由としては、メインジャンルと同じジャンルでバックリンクを作ることでより上位表示されやすいという理由からです。

また、『キャッシング 即日』で上位表示するのに必要な中古ドメインでサテライトサイトを作りましたら、その中古ドメインの中から一番上位表示されているものをバックリンクサイトからメインサイトにします。

ですので、1つのキーワードについて、日本語ドメイン又はローマ字ドメインと中古ドメインの2サイトがあるといった感じになります。

ちから的には、検索エンジンに認識されたローマ字ドメイン=日本語ドメイン≠中古ドメインといった感じでしょうか。
中古ドメインは質の良いものからそうでないものまであるため、一概にはいえません。

まとめると、私の場合は日本語ドメインは上位表示する上での第1候補にしますし、効果も感じております。
日本語ドメインのデメリットを上げるとすれば、
キーワードの変更がきかないといったところでしょうか。
例えば、キャッシング.comにした後で、キャッシング即日.comというドメインにすることはできないということです。
これはローマ字ドメインも同じです。

そのほかにも、メールを使う場合、ドメインが「xn--」から始まるものになるため、見栄えが悪くなります。
ただ、アフィリエイトサイトの場合はあまり関係ないかもしれませんね。

 

 

初心者はA8より楽天アフィリエイトがおすすめ

アフィリエイトに関する質問を受けていて気が付いたのですが、
なぜかA8やアクセストレードなどのASPアフィリエイトの商品名キーワードからはじめる人が多いように感じました。

おそらくは塾とかでASPにある商品の商品名でサイトを作成しましょうといっているからその通りにやっているのだと思います。
また、アフィリエイトのブログなどを見ていても、ASPアフィリエイトを推奨しているところが多くあります。

ただ、私の経験では、まったくの初心者がASPアフィリエイトで商品名キーワードに挑戦するのは少し難しいように感じています。

というのも、ASPに登録されている商品の商品名キーワードは競合が激しく、
まったくの初心者が挑戦しても上位表示ができないことが多くあります。

その点、楽天アフィリエイトにある商品の商品名キーワードはそれほど競合がなく、無料ブログで作ったサイトであっても1ページ目に表示されることが多くあります。

もちろん、「守破離」という言葉があるように、
塾で言っていることを守ることも重要ですが、
私個人の意見では、ASPアフィリエイトよりも楽天アフィリエイトの商品名キーワードのほうが、上位表示しやすく、結果も出しやすいと思います。

 

 

競合がいないキーワードの調べ方

では、どういったキーワードが競合がいないのかということなのですが、
これはいくつものキーワードを見てみて経験を積むほかないと思います。

ただそれではあまり記事としてよくないので、
一つ例をあげます。 
たとえば、いくつか商品名キーワードで検索してみるとわかるのですが、
同じサイトが1ページに表示されていることが分かりますよね。
例えば、プログラムで機械的につくられたページなどです。

プログラムで機械的につくられたページっていうのは何なのかっていうことなのですが、これはその時その時で変わってくるためここでは言えません。
実際に検索してみて経験を積む必要があります。

また、商品名キーワードをやる上でもう一つ重要なことがあります。
それは『検索数』です。

たとえ競合がいないキーワードで上位表示できたとしても、
検索数がなければ報酬は発生しません。

検索数の目安としては、私の経験では検索数:月1500で、
3位以内表示で月5件は発生する感じです。
以上をまとめると、
A8やアクセストレードで商品名キーワードをやっていて、
結果が出ないようでしたら、楽天アフィリエイトがおすすめですということです。

 

 

アフィリエイトフレンズの評判とレビュー

アフィリエイトに関する塾やセミナーはたくさんありますが、
今日は私が入っているところについて紹介します。

私が入っている塾?は『アフィリエイトフレンズ』っていうところです。

アフィリエイトフレンズは知っている人も多いと思います。
たしかアフィリエイトBとかに登録していると案件にありますから、
ご存知だと思います。

アフィリエイトフレンズは『稼げる方法を教える・・・』というよりも、
広告主とアフィリエイターをつなぐ架け橋になっている感じです。
例えば、提携が難しい金融ジャンルについての詳しいセミナーがあったり、
ASPの説明画面ではわからない詳しい提携ルールなども紹介しています。

あと、アフィリエイトフレンズではアフィリエイトフレンズを通して、
特別単価の申請もできます。

アフィリエイトフレンズは私は無料の方の会員登録をしていますが、
有料でのプランもあるみたいです。

私は無料でも満足しているので有料プランはどんなものなのかわからないですが、
興味があるなら見てみるとよいでしょう。

金融ジャンルと脱毛ジャンルの動画が多いため、
これらのジャンルに取り組んでいる・取り組もうとしている人は是非登録してみるとよいでしょう。

いわゆる『稼げる情報』もないことはないのですが、
少ないです。

まぁ無料ですので、登録して動画の音声を聞きながら作業をするのがよいと思います。

アフィリエイトリンクはめんどくさいのではりません。

 

 

中古ドメインでpvが多いドメインにアドセンスはれば稼げる?

私が依然考えていたことに、pvの多い中古ドメインにgoogleアドセンスの広告をはれば稼げるのではないかと考えたことがあります。

特にアダルトサイトだと、pvが多いものが多いので、
そんなサイトにアドセンスを張れば簡単に稼げるかもと思ったことがあります。

でも、実際に調べてみるとこれは不可能みたいですね。

その理由としては、アダルトサイトなどアドセンスを貼ることができないサイトはドメインごとアドセンス不許可サイトに指定されているみたいで、後からそんな中古ドメインを取得してアドセンスをはってもアドセンスが表示されないようなんです。

では、アドセンスが許可されている中古ドメインでgoogleアドセンスを貼るのはどうかということなんですけど、これに関しては、私はやったことがないのでわかりません。

私がやらない理由としては、sedoのドメインパーキングのほうが便利だからです。
sedoドメインパーキングならネームサーバーを設置するだけで簡単にすべてのディレクトリとサブドメインまで広告を貼ることができますし、adsenseと比較してもそれほどepcが悪くはないからです。

まぁ、中古ドメインでpvが多いサイトにアドセンス広告をはったことがないから、
正直なところなんともいえませんですけどね。

ちなみに、以下のサイトで調べたいドメインを入力すれば
アドセンスが許可されているか調べることができますよ。
https://ctrlq.org/sandbox/

 

1 2